すさびハンモック(こども用ハンギングチェア)を2年使ってわかったレビュー!

おもちゃ

すさびハンモック(こども用ハンギングチェア)を2年使ってわかったレビュー!

新築時にこどもが室内で遊べるように、ブランコやハンモックを検討してたどり着いたのが、「こども用ハンギングチェア」!!
いつでも遊べるようにリビングに設置し、約2年が経過しました。

これまで約2年間、利用して感じたハンギングチェアの魅力をお伝えします。

すさびハンモック(こども用ハンギングチェア)の特徴

ハンモックの専門店、すさびハンモック
ハンモックの発祥地、中南米で生まれた伝統の製造法を受け継ぎ、現代の日本の生活に合うように素材やカラーなどに考えられています。
「すさびハンモック」はハンモック専門店なだけあり、とても種類が豊富。

中でも子供用に作られた「こども用ハンギングチェア」はこどもの室内遊びにぴったり!
以下、おすすめの理由をお伝えします。


すさびハンモク(こども用ハンギングチェア)おすすめの理由

小さなこどもでも安全

3歳から9歳が対象年齢となっています。
我が家には6歳と4歳の男児がおり、2人ともちょうどぴったり!すっぽりと中に入ります!

ブランコのように揺らして遊ぶことはもちろん、
おもちゃを持ち込んでみたり、中で本を読んだり、隠れ家のような居心地の良さにそのまま眠ってしまうこともありました。

0歳の娘を抱っこしながら入ってくれることもあります。

娘も大喜びで乗っており、ご機嫌にすごせます。(必ず大人が近くについています)。

4歳にもなると中に入るだけでなく、外側にしがみついて掴まって揺れたりもできますよ。

雨の日の遊びに最適

2年ほど経ちますが、こどもたちは飽きずに遊んでいます!
こどもは体を動かすことが大好き!


ハンギングチェアで、雨の日も元気に家の中で体を使って遊んでいます。
お友達が来た時も大人気で、交互に遊んでおり大活躍。
体力を消費することができ、助かっています。

洗えるので清潔を保てる

素材はカラーによって異なりますが、コットン100%もしくはポリオレフィン100%です。


中のクッションはファスナーで簡単に取り出すことができます。


周囲の布部分は洗濯機にて洗うことができるので万が一汚してしまっても安心です。

インテリアになじむデザインやカラー

カラー展開は現在11種類(コットン9色、ポリオレフィン2色)


ご自宅のインテリアに合ったものや子供の好きな色が選べます。

すさびハンモック(こども用ハンギングチェア)のデメリット

取り付け場所の確認が必要

設置する際に必要な最低限の高さは2mとなっており、本体の耐荷重は80kgとなっています。
取り付け場所の天井や梁などの耐久性を確認する必要があります。

我が家は新築時に、ブランコなどを取り付けたい旨を工務店に伝え、
リビングの一角に梁を設置してもらたため、そちらにハンモック吊り下げ用ロープとカラビナを使って吊るしています。

賃貸などで、吊るす場所がない!という方は、自立式のスタンド付きのハンモックもあります。
すさびハンモックは種類が豊富なので、ライフスタイルに合ったものを探してみてください。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ハンモック・ハンモックチェア用 カラビナ
価格:1100円(税込、送料別) (2021/12/23時点)



タイトルとURLをコピーしました